コンフェックスグループについて

社長挨拶

コンフェックス株式会社 代表取締役社長 昆 靖

人口の穏やかな減少、少子高齢化の進展、景気の不透明感にともなう個人消費の低迷など、国内流通業界は大きな課題が突きつけられています。
このような厳しい経営環境の中にあっても、コンフェックスは前社長(現会長)の方針のもと、全国展開を推し進め、コンフェックスグループとして北は北海道から南は九州・沖縄まで、全国津々浦々くまなくカバーする物流ネットワークを早期に整えることができました。

おかげ様で売上高も急速に伸び、2015年3月期には売上高2,000億円を突破。さらに、「菓子市場をコーディネートし、菓子卸業界のリーディングカンパニー」目指し、その成長を加速させています。

その実現のためには、卸売会社の本来の仕事である物流機能の一層の充実を図ることはもちろん、これまで進めてきた市場や販売データの高度な情報分析に基づく「マーケティング力」、購買者・消費者起点で発想し商圏や立地に合った売場・売り方提案する「リテールサポート力」、オリジナル商品やストアブランドの開発および輸入商品を開発する「商品開発力」等についても一段と拡充を図り、メーカー様、小売業様双方のあらゆるご要望にお応えできるよう、菓子専門卸商社ならではの総合力を発揮して幅広いご提案を行ってまいります。

今後とも、お菓子を通じて人々に「喜び」「楽しさ」「心豊かな時間」を提供し、「健康・安心」を常に忘れず、健やかな暮らしの実現に貢献すべく、菓子業界において卓越した企業を目指すとともに、グループ社員の活動がお客様や社会から支持されるよう、弛まぬ努力と自己研鑚を続けてまいります。

コンフェックス株式会社
代表取締役社長
昆 靖